ページ内を移動するためのリンクです。
グローバルナビゲーションへ
本文へ
サイト情報へ

GLOBAL TOP

CLOSE



フリーソフトウェア

通信ライブラリ"TMCTL"

概要

当社製品とPCを接続して通信を行う際に、プログラムを作成し製品のコントロールが可能です。
(詳しくは、専用ライブラリ内に含まれています" tmctl read me" をご参照下さい。)
このライブラリを使用して、実際に通信制御を行うための通信コマンドについては、各製品の通信インタフェースユーザーズマニュアルをお読みください。
USBインタフェースを使用する場合は専用USBドライバが必要です。

通信可能製品 (詳しくは、"tmctl read me"をご参照ください)

GPIBインタフェース

当社GPIB搭載 IEEE St'd 488.2 準拠製品。
当社以外の製品も通信は行なえますが、一部使用できない機能があります。

RS232インタフェース

当社又は他社RS232搭載製品で、以下の設定が可能なもの
ボーレート:1200,2400,4800,9600,19200,38400,57600,115200

データビット長とパリティー、ストップビットの組み合わせ:

  • 8ビット、ノーパリティー、1ストップビット
  • 7ビット、イブン、1ストップビット
  • 7ビット、オッド、1ストップビット

ハンドシェイク:

  • NO-NO(ハンドシェイクなし)
  • XON-XON(ソフトウェアハンドシェイク)
  • CTS-RTS(ハードウェアハンドシェイク)

ターミネータ:LF,CR+LF
当社以外の製品も通信は行なえますが、一部使用できない機能があります。

USBインタフェース *

  • DLM6000/DL6000シリーズ
  • DLM4000シリーズ
  • DLM2000シリーズ
  • DL850シリーズ
  • DL750シリーズ
  • DL350
  • DL1600シリーズ
  • DL1720:Ver1.31以降
  • DL1740:Ver1.10以降
  • DL1700Eシリーズ
  • DL7400シリーズ
  • DL9000シリーズ
  • DL9700/9500シリーズ
  • SB5000
  • SL1400
  • SL1000
  • FG400
  • PX8000
  • WT3000:Ver2.01以降
  • WT3000E
  • WT1800
  • WT500
  • WT300E/WT310/WT330シリーズ
  • AQ2200シリーズ
  • AQ7260:Ver.2.08以降
  • AQ7270シリーズ:Ver.1.01以降
  • AQ7275
  • AQ7280
  • AQ1300
  • AQ1200
  • AQ1100
  • GS200
  • GS610
  • GS820
  • 2553A
  • 2558A
  • 2560A
  • LS3300

*: USBインタフェースを使用する場合は専用USBドライバが必要です。

Ethernetインタフェース

  • DLM6000/DL6000シリーズ
  • DLM4000シリーズ
  • DLM2000シリーズ
  • DL850シリーズ
  • DL750シリーズ
  • DL350
  • DL1600シリーズ
  • DL1700シリーズ:Ver1.31以降
  • DL1700Eシリーズ
  • DL7000シリーズ:Ver3.02以降
  • DL7400シリーズ
  • DL9000シリーズ
  • DL9700/9500シリーズ
  • SB5000
  • SL1400
  • SL1000
  • PX8000
  • WT1600:Ver2.01以降
  • WT3000:Ver2.01以降
  • WT3000E
  • WT1800
  • WT500
  • WT300E/WT310/WT330シリーズ
  • AQ2200シリーズ
  • AQ7260:Ver.2.08以降
  • AQ7270シリーズ:Ver.1.01以降
  • AQ7275
  • AQ7280
  • AQ1300
  • AQ1200
  • AQ1100
  • GS200
  • GS820
  • 2553A
  • 2558A
  • 2560A
  • LS3300
  • DM7560

動作環境

対象OSと言語

対象OS Windows XP (SP2 or later), Windows Vista(32/64-bit), Windows 7(32/64-bit), Windows 8(32/64-bit), Windows 10(32/64-bit)
対象言語 Microsoft Visual C++ 6.0~Microsoft Visual C++ 2015
Microsoft Visual Basic 6.0~Microsoft Visual Basic 2015
Microsoft Visual C#2005~Microsoft Visual C#2015
.NetFrameWork:Microsoft .Net FameWork 2.0~Microsoft .Net FrameWork 4.5

更新履歴

日付 バージョンアップ内容
2017/07/26
  • DL350/LS3300に対応
2017/06/22
  • ソケットコマンドプロトコルに対応
  • DM7560に対応
2016/04/14
  • USBでGS610に接続できない不具合を修正
  • IVI USBドライバ(VISA)に対応
  • 不正な引数を渡すとプログラムがクラッシュする不具合を修正
  • Windows 10に対応
2013/05/27
  • 2558Aに対応
2013/01/25
  • WT310/WT330シリーズに対応
2012/12/03
  • DLM4000シリーズに対応
2011/07/04
  • GS200,GS610,GS820に対応
2011/03/18
  • WT1800に対応
2010/11/12
  • DL850/DL850Vに対応
2009/10/29
  • DL6000/DLM6000/AQ2200シリーズ対応
  • 全機種ライブラリ共通化(統合)
2009/07/28
  • DLM2000で使用時、TmcSetRenでRemoteからLocalに設定しても機器がローカルにならない不具合の修正
  • サンプルプログラムの更新、他
2009/06/04
  • 存在しないクエリー送信後、コマンドを受け付けなくなる不具合を修正
2009/01/21
  • USB通信指定時、機器を接続しないでTmcInitializeするとメモリフォルトする不具合を修正
2008/11/28
  • DLM2000シリーズ対応
2008/09/29
  • .Net対応TMCTL使用時で、且つEthernet接続時においての通信データ不具合を修正
2008/04/09
  • .Net用TMCTLの reade.txt の追加 (WT500対応済み)
2008/01/21
  • 初版

ダウンロード