ページ内を移動するためのリンクです。
グローバルナビゲーションへ
本文へ
サイト情報へ

GLOBAL TOP

CLOSE



リモートコントロールソフトウェア

XWirepuller

ダウンロード

インストール方法

  1. 下記の「ダウンロード」項目からファイル(XWirepuller***.zip)をダウンロードしてください。
  2. ダウンロードしたファイル(Xwirepuller***.zip)を解凍してください。
  3. 22個のファイルが正しく解凍されたことを確認してください。解凍できない場合は再度 1. から行ってください。
  4. 2. で解凍したファイルは同じディレクトリに保存してください。
    *USBインタフェースでご使用になる場合は、別途 専用ドライバ が必要です。

ダウンロード

動作に必要な各製品のファームウェアバージョンを必ず確認し、必要に応じてファームウェアのアップデートを行なってください。


更新履歴
   2017/07/26: DL350に対応
   2016/07/27: Windows 10(32/64-bit)対応
   2015/11/04: IVIドライバ接続対応
   2015/03/31: 内部設計変更
   2013/12/18: DL850E/DL850EVに対応
   2013/07/16: DLM4000シリーズ ロジック16bitに対応
   2012/12/03: DLM4000に対応
   2011/07/04: 通信ライブラリの更新
   2010/07/13: DL850に対応
   2009/10/29: DLM6000/DL6000シリーズに対応
   2009/04/27: 多言語メッセージ対応、不具合の修正
   2009/01/30: DLM2000シリーズ対応
   2008/09/05: Windows Vistaに対応
対応USBドライバの更新
   2008/01/31: SB5000対応
   2007/04/17: DL9710Lのコントロール
PC上で表示中の画面イメージデータをBMPまたはPNG形式で保存
   2006/02/03: DL9000 USB FUNCTION分離PCドライバ対応
注) 計測器との接続にUSBをお使いの場合は、必ず最新のUSBドライバをインストールしてください。
USBドライバが最新でない場合、動作しないことがあります。

USBドライバ

USBインタフェースを使用する場合は専用USBドライバが必要です。

USBドライバ