ページ内を移動するためのリンクです。
グローバルナビゲーションへ
本文へ
サイト情報へ

GLOBAL TOP

CLOSE



Data Viewer

YOKOGAWA Data Viewer

概要

DataViewer

DataViewerは、横河電機ディジタルオシロスコ-プDLシリ-ズ、あるいはアナライジングレコーダAR4000シリ-ズで捕捉した波形デ-タをPC上で処理するプログラム(フリ-ウェア)です。
測定器で捕捉した波形デ-タを、オフライン(FD、MO disk等を使用)やオンライン(GPIB)でPC上に取り込み、波形の表示、波形デ-タのASCII形式への変換等を実現します。


主な仕様

対応OS

Windows 3.1、Windows 95、Windows NT 3.51、NT4.0、Windows 98、Windows Me、Windows 2000


ページのトップへ

波形を取り込む際の仕様1(ファイルを利用したオフラインでの使用時)

適用可能なDL,、ARシリ-ズ

DL708、DL716、 DL750、
DL1500シリーズ、DL1600シリーズ、DL1700シリーズ、
DL2700、DL4100、DL4200、DL5100、DL7000シリーズ、AR4400、AR4800


適用可能なファイル形式

上記DL、ARで作成されるWVFの拡張子を持つファイル。
(使用に際しては、同一ファイル名でHDRのファイル名を持つヘッダ-ファイルも必要です。)


適用可能なトレ-スタイプ

上記DL、ARで作成されるアナログ信号。
DL7000シリーズ、DL2700、DL708、AR4400/AR4800のロジック信号、AR4400/AR4800のFVモジュ-ル使用時のデ-タには 対応していません。


ページのトップへ

波形を取り込む際の仕様2(GPIBを利用したオンラインでの使用時)

適用可能なDL、ARシリ-ズ

DL2700、DL708、DL1500 series (DL1540/DL1540L/DL1520/DL1520L)
(上記以外のDL、ARシリ-ズには対応していません。)


PC側で必要なGPIBボ-ド

AT-GPIB以降のナショナルインスツルメンツ社製GPIBカ-ド
(AT-GPIB/TNT、AT-GPIB/TNT plug and play、PCI-GPIB、PCMCIA-GPIB等のカ-ド。)


適用可能なトレ-スタイプ

上記DLで作成されるアナログ信号のみ適用可能。
DL2700、DL708のロジック信号には対応していません。


ページのトップへ

波形表示機能

表示トレ-ス数

1トレ-ス。
ただし、トレ-スの拡大図や、チャネル間演算実行後の波形を同時に表示することもできます。


表示レコ-ド長

10kワ-ド以下。
測定器側のレコ-ド長が10kワ-ドを越える場合には、10kワ-ド以下にP-P圧縮した波形を表示します。


表示波形の拡大表示

縦軸,横軸共に可能。
サポ-トする倍率は下記の通り
x1、x2、x4、x8、x16、x32、x64


表示波形のスケ-リング

縦軸/横軸ともに下記のモ-ドをサポ-ト
Auto、Manual


ページのトップへ

仕様 波形解析機能

カ-ソル機能

  1. Reference Cursorと波形の交差点の値
  2. Measure Cursorと波形の交差点の値
  3. 上記1と2の差
  4. Reference Cursorのトリガ-点からの時間、
    あるいは周波数の値(FFT使用時)
  5. Measure Cursorのトリガ-点からの時間、
    あるいは周波数の値(FFT使用時)
  6. 上記4と5の差


ページのトップへ

波形演算機能

波形間演算

+、-、X、/
注意)
GP-IBで波形を取り込んだ場合には、異なるチャネル間での演算はできません。


パワ-スペクトラム(FFT)

対象点数:1000点(演算結果は400点)
窓関数: RectまたはHanning
開始点数:指定可能


ページのトップへ

波形保存機能

波形のASCII変換機能

表示波形をCSV形式に変換し、セ-ブすることが可能。


ページのトップへ