ページ内を移動するためのリンクです。
グローバルナビゲーションへ
本文へ
サイト情報へ

GLOBAL TOP

CLOSE



Yokogawa OTDRリモートコントローラ

イーサネット/USBインタフェースを使って、パーソナルコンピュータからOTDRをコントロールできます。

対象機種 AQ1200, AQ7270, AQ7275, AQ7280, AQ7277, AQ7277B
(AQ7270シリーズはファームウェアバージョンVer3.01以上で動作します)

Yokogawa OTDRリモートコントローラ ダウンロード

本ソフトウェアを起動すると、接続されたOTDRのフロントパネルイメージ(コントロール画面)がパーソナルコンピュータの画面に表示されます。
OTDR本体の操作キーを操作するのと同様の感覚で、マウスを使って、パーソナルコンピュータからOTDRをコントロールできます。

動作に必要なシステム環境

PC本体 メモリ 256MB 以上
HDD 空き容量 100MB 以上(インストール時)
OS(オペレーティングシステム) Microsoft Windows 7、Windows 8、Windows 8.1
ディスプレイ
色、解像度 256色以上(推奨は65536色以上)、1024 × 768 ドット以上
プリンタ、マウス 対応OS 上記のOSに対応したもの

インストール方法

  1. 下記の「ダウンロード」項目からファイル(zip形式)をダウンロードしてください。
  2. ダウンロードしたファイルを解凍します。
  3. 解凍先にできたファイル(setup.exe)を実行し手順に従いインストールします。
     *USBインタフェースでご使用になる場合は別途 専用ドライバ が必要です。

変更履歴

Version R5.03 発行:2016.11.18
改良機能:

  • 対応機種を追加 AQ7277B

新機能:

  • Schedule Analyzer2: AQ7275 および AQ7280 搭載のスケジュール機能で保存したSORファイルから指定した区間毎の損失の変動を解析するソフトウェア

Version R5.02 発行:2016.02.08
改良機能:

  • Schedule AnalyzerのAQ7280対応
  • AQ7280スケジュール測定 対応

Version R5.01 発行:2014.11.13
改良機能:

  • 対応機種を追加 AQ7280
  • 「AQ7270 シリーズ OTDR リモートコントローラ」から「Yokogawa OTDRリモートコントローラ」に名称を変更

Version2.0.1.1 発行:2011.10.31
改良機能:

  • リモートコントロール機能: ユーザインターフェイス刷新。
    接続可能機種追加: AQ1100, AQ1200, AQ7277

新機能:

  • Schedule Finder: AQ7275搭載のスケジュール機能で保存したSORファイルから不具合箇所(期間)を解析するためのソフトウェア
  • Schedule Analyzer: AQ7275搭載のスケジュール機能で保存したSORファイルから指定した区間の損失一覧を作成するソフトウェア
  • File Transfer 機能:AQ7275の内蔵メモリに保存されたファイルをPCに転送するソフトウェア。
    必要要件: AQ7270/AQ7275 ファームウェア Rev3.01以降

ページのトップへ

ダウンロード

本ソフトウェアのダウンロードは、対象機種ご利用ユーザ様限定サービスとなっております。
事前にユーザ登録が必要となりますので、ご注意下さい。

お使いになる前に

下記の内容について、同意された上で、ダウンロードを行ってください。
◆ 免責事項
  • 当Webサイトの利用は、お客さまの責任において行われるものとします。
    当社および当Webサイトのコンテンツの作成および配信に関与する者は、当サイトの利用によって生じたあらゆる損害に対して、一切の責任を負いません。
  • 本ソフトウェアは、製品の機能・仕様確認のために無償で提供されますが、本製品になんの欠陥もないという無制限の保証をおこなうものではありません。
    また、本ソフトウェアに関する不具合修正や質問についてのお問い合わせもお受けできない場合があります。
  • 本ソフトウェアをダウンロードし、インストールすることによって生じるいかなる問題についても、当社はその責務を負いません。
  • 本ソフトウェアに関する財産権、所有権、知的財産権、その他一切の権限は、当社に帰属します。

 リモートコントローラ
 リモートコントローラ
 .Net 同梱版

USBドライバ

USBインタフェースを使用する場合は、専用USBドライバが必要です。

USBドライバ

ページのトップへ