ページ内を移動するためのリンクです。
グローバルナビゲーションへ
本文へ
サイト情報へ

GLOBAL TOP

CLOSE



引取校正サービスについて

引取校正の内容

校正作業の流れ

校正作業の流れ

◆校正ご依頼時の注意事項◆

  1. 校正対象品をお預かり後、当社修理・校正工場での作業において、万一故障を確認した場合、作業を待機させていただき、お客様へ連絡させていただきます。お客様のご連絡指示により、作業再開となります。
  2. 製品仕様が製品出荷判定値内、調整箇所の無い製品は調整を実施せず、校正(値付け)のみの実施となります。

校正のご依頼

校正対象品の送付、校正見積等のご依頼はお買い求めいただきました当社製品の販売代理店へお願いいたします。また、お買い求めいただいたときの販売代理店が不明の場合は最寄りの販売代理店にご用命ください。


注:   作業内容によっては内部メモリーをフォーマット、本体設定初期化を実施させていただく場合が有ります。また、本体個別の設定や重要な測定データは、作業中や輸送中の事故により、消失する可能性もあり得ますので、お客様でバックアップをしていただいた上でのご依頼をお願いいたします。尚、お預かり時に内部メモリーが破損している場合、当社でのデータ修復・解析には対応いたしておりません。重要なデータや設定はバック アップを取っていただくことをお勧めします。

校正メニュー毎の作業内容

内容・発行書類・オプション 校正メニュー
標準校正 指定校正 JCSS校正
受入 ご依頼品・内容の確認 当社営業、
販売代理店へ
お問合せ下さい。
校正内容 当社で定めた項目・校正点
指定項目・校正点、その他指定
調整 製品出荷判定値内への調整 選択
発行書類*1 校正ラベル(1枚、製品へ貼付)
作業報告書(1部)
オプション書類*2 成績書 選択 選択
校正証明書 選択 選択
トレーサビリティ体系図 選択 選択

*1: 発行書類は、校正料金に含まれます。
*2: 成績書、校正証明書、トーレサビリティ体系図は、何れの校正料金にも含まれません。お求め時、校正料金とは別に料金が発生いたします。

校正の種類

  1. 標準校正(当社内名称:校正B)
    標準校正は、当社で定めた項目について作業を実施する引取校正サービスです。製品出荷判定値内の製品、調整箇所の無い製品を除き、追加料金が発生する事無く、標準校正では次の内容をご提供いたします。
    1. 製品仕様外れを確認した場合、調整作業を実施いたします。その際、調整実施前、調整実施後のそれぞれで校正を実施いたします。
    2. 成績書は調整実施に関わらず、同額でのオプション料金(校正料金に含まれず)でご提供可能。
  2. 指定校正(当社内名称:校正S)
    指定校正は、お客様指定による校正項目・校正点、その他指定事項による作業を実施する引取校正サービスです。 (1.) 項、及び (3.) 項の何れの校正に該当しない場合、こちらでのご依頼をお願いいたします。詳細の指定内容などにつきましては、ご依頼時に当社営業、又は販売代理店へご連絡をお願いいたします。
  3. JCSS校正
    横河グループでは、「横河電機株式会社 品質保証本部 計測標準部」が計量法校正事業者登録制度(JCSS)に基づく登録事業者(登録番号:0058)として登録されています。JCSS校正につきましては、当社営業部、又は販売代理店へお問合せ下さい。
登録番号 登録事業者/事業所 MRA対応 計量器の区分
0058 横河電機株式会社/
品質保証本部 計測標準部
MRA 直流・低周波測定器等、電力測定器等
MRA 時間・周波数測定器等
MRA 圧力計
- 液体流量計

試験、又は検査のみが実施される製品について

当社では、JIS Z 8103:2000「計測用語」の主旨に沿った、製品の「校正」、「試験、又は検査」を実施いたします。成績書に測定値の記載が無く、特性、機能検査、性能の評価の結果みが記載される製品の場合、校正証明書は発行されません。製品の試験、又は検査を実施した証明として成績書のみを有償にて発行させていただいております。