測定器事業(T&M) 製品Index 製品検索 サイトマップ サービス/サポート お問合せ
ホーム > 技術情報 > 各種産業と計測技術 > 地球に優しい新エネルギー 太陽電池への期待
地球に優しい新エネルギー 太陽電池への期待

三洋電機(株)藤田様
三洋電機株式会社
営業開発本部
新規事業ビジネスユニット
業務用ソーラー営業部 部長
藤田 昌宏 様

●社名 三洋電機株式会社
●設立 1947年2月創業、
1950年4月会社設立
●所在地(本社) 大阪府守口市京阪本通 2丁目5番5号
●主要営業品目 ・AV、情報通信機器
  ・電化機器
  ・産業機器
  ・電子デバイス
  ・電池

三洋電機株式会社
http://panasonic.co.jp/sanyo/


ソーラーアーク
■ソーラーアーク
三洋電機株式会社岐阜事業所内にあるソーラーアークは、全長315mと、太陽光発電システムのモニュメントとしては世界最大を誇ります。21世紀に力強く船出する「箱舟」をイメージし、環境問題に対する三洋電機の姿勢を示しています。 太陽電池のパネル数は5046枚で最大出力は630kW、年間発電量は約53万kWhです。これにより年間節約できる石油量は灯油缶で7145缶、CO2削減量は95tです。
http://panasonic.co.jp/sanyo/solarark/jp/

三洋電機株式会社 営業開発本部
新規事業ビジネスユニット 業務用ソーラー営業部

藤田部長に伺う

Question
太陽電池が今、新エネルギーとして注目される背景についてお聞かせください。

 21世紀の人類最大の課題は、地球温暖化をはじめとする環境問題や人口問題そしてエネルギー問題です。地球上のエネルギー資源量は有限で、西暦2020年〜2030年頃には、人類の必要とするエネルギー量と化石燃料の生産量との間に大きなエネルギーギャップが生じると予想されています。
 また、石油や石炭などの化石燃料の消費により排出される硫黄酸化物(SOx)や窒素酸化物(NOx)は、酸性雨をもたらし森林や農作物、魚貝類の減少を招き、二酸化炭素(CO2)などによる温室効果ガスの増大は、異常気象や砂漠化などを引き起こします。日本では、京都議定書において2012年に温室効果ガスを1990年度比6%削減する目標を立てていますが、一次エネルギーの供給は増加の一途であり、新エネルギーの普及拡大が急がれています。
 その中で注目されているのが、太陽エネルギー。太陽が存在する限り枯渇することなく無尽蔵であり、日射があれば誰でも利用できます。その太陽光エネルギーを半導体の光電効果を利用して電気エネルギーに変換するのが太陽電池です。今、家庭でも取り組むことができるクリーンな新エネルギーとして太陽光発電の増加が予想されています。

化石燃料が地球に与える影響
世界のエネルギー資源確認可採埋蔵量



下のバー(著作権表示)