「ITEM2019 国際医用画像総合展」に出展しました

日付: 2019年4月12日-14日
会場: パシフィコ横浜展示ホールA(一部),B,C,D

ITEM2019 国際医用画像総合展に出展いたしました。
今年は、「Deliver the Next-Gen Healthcare IT Solution with "Shade Quest5.0"」をテーマに、PACS、RIS、治療RISを展示いたしました。
PACSゾーンでは、所見レポートの重要度付与など、未読・既読管理機能を更に強化し、医療安全への取り組みを紹介いたしました。RISゾーンでは、被ばく線量管理に対応する医用被ばく線量管理システム ShadeQuest/DoseMonitor を展示し、多くのご意見・ご感想をいただくことができました。治療RISゾーンでは、より操作が簡便になった治療プロトコルなど、新機能を展示いたしました。 特別ゾーンではAIによる解析結果の表示や、最新ハードウェアの採用による画像表示の高速化を体験いただきました。

展示会場1   展示会場2

12日(金)に開催しましたランチョンセミナーでは、神戸大学大学院医学研究科 内科系講座 放射線診断学分野 村上卓道先生の司会で、国立がん研究センター中央病院 先端医療科の山本昇先生・ 放射線診断科の渡辺裕一先生より、免疫療法の現状と、免疫療法に対する治療効果判定規準についてご講演をいただきました。ご覧いただいた先生方からの反響も多く、立ち見が出るほど大変盛況となりました。

ランチョンセミナー会場1

今回ご来場いただいた多くのお客様からいただきました声を真摯に受け止め、今後もより良い製品開発、サービスを提供し、医療安全や医療の質の向上に努めてまいります。 横河医療ソリューションズは、キャッチフレーズ「ShadeQuest 5.0」の旗印とともに、医療情報システムにおけるスマートイメージングプラットフォーマーとして、 医療の質、利便性、効率性、安全性、透明性の追求を通して、放射線診断・治療の価値を最大化してまいります。

ご来場いただきました皆様、ありがとうございました。

トップ