医療システムの横河医療ソリューションズ > 展示会情報 レポート<2018年>

  • :横河医療ソリューションズの特長は何ですか?
  • :営業・開発・エンジニア・サービスが集結した組織力を活かし、どのような局面においても... 続きを読む
  • :PACSの構築にはどれくらい時間がかかりますか?
  • :ご契約内容にもよりますが... 続きを読む

製品に関するお問い合わせ、資料請求、またはお困りの事が ございましたらお気軽にお問い合わせください。

山口大学医学部附属病院
山口大学医学部附属病院

院内の様々な情報を統合参照できる医療情報マネジメントシステムを構築

神戸低侵襲がん医療センター
神戸低侵襲がん医療センター

放射線治療・化学療法に特化した医療機関を支える横河のソリューション

レポート<2018年>

 
大会名 関東・東京支部合同研究発表大会2018
開催期間 2018年12月15日(土)〜 12月16日(日)
会場 大宮ソニックシティ

参加レポート

関東・東京支部合同研究発表大会2018に参加しました。
埼玉県の大宮駅より徒歩3分の距離にある大宮ソニックシティを会場として、12月15日(土)から16日(日)の2日間に渡り開催されました。

会場
看板

弊社は診断RIS、治療RISをご紹介させていただき、お客様より様々なフィードバックをいただくことができました。

展示会場

ご来場いただきました皆様、ありがとうございました。

 
大会名 第11回中部放射線医療技術学術大会
開催期間 2018年11月17日(土)〜 11月18日(日)
会場 富山国際会議場

参加レポート

第11回中部放射線医療技術学術大会に参加しました。
今年は富山市の中心部に位置する富山国際会議場での開催となり、会場からは富山城を見ることができました。

看板
富山城

弊社はRISと被ばく線量管理システムをご紹介させていただき、中部・北陸地区の多くのお客様にご紹介することが出来ました。

展示会場

ご来場いただきました皆様、ありがとうございました。

 
大会名 第13回九州放射線医療技術学術大会
開催期間 2018年11月10日(土)〜 11月11日(日)
会場 沖縄県男女共同参画センター てぃるる

参加レポート

第13回九州放射線医療技術学術大会に参加しました。

会場
看板

那覇空港より車で15分の距離にある沖縄県男女共同参画センターてぃるるを会場として、11月10日(土)から11月11日(日)の2日間に渡り開催されました。
弊社ではRISと被ばく線量管理システムをご紹介させていただき、九州・沖縄地区の多くのお客様にご紹介が出来ました。

展示会場

ご来場いただきました皆様、ありがとうございました。

 
大会名 第14回中四国放射線医療技術フォーラム
開催期間 2018年11月3日(土)〜 11月4日(日)
会場 公益財団法人広島市文化財団JMSアステールプラザ

参加レポート

第14回中四国放射線医療技術フォーラムへ参加しました。

会場
看板

広島市にある公益財団法人広島市文化財団JMSアステールプラザを会場として、11月3日(土)から11月4日(日)の2日間に渡り開催されました。
弊社はRISと被ばく線量管理システムをご紹介させていただき、多くのお客様にご紹介が出来ました。

展示会場

ご来場いただきました皆様、ありがとうございました。

 
大会名 日本放射線腫瘍学会 第31回学術大会
開催期間 2018年10月11日(木)〜 10月13日(土)
会場 国立京都国際会館

参加レポート

日本放射線腫瘍学会 第31回学術大会へ参加しました。
京都府の国立京都国際会館にて、例年より1か月ほど早い10月11日(木)から10月13日(土)にかけての開催となりました。

看板

昨年に引き続き、本年もアフタヌーンセミナーを開催いたしました。
セミナーは奈良県立医科大学の長谷川教授に座長をお願いし、奈良県立医科大学附属病院の玉本先生と村上先生に 「「放射線治療業務の見える化推進!」〜タスク管理による部門内の情報共有を目指して〜」と題して、医師の立場と技師の立場からご講演いただきました。
学会初日であり平日の開催となりましたが、定員の250名を超える多くのお客様にご来場いただき、大変盛況となりました。

セミナー1
セミナー2

展示ブースでは、治療RIS(ShadeQuest/TheraRIS)とRTビューア(ShadeQuest/ViewRT-DG)の紹介をいたしました。 展示会場は、建設されたばかりの別館ニューホールが使用され、各社とも余裕のあるスペースの中での機器展示となりました。
治療RISは「他施設連携」機能を中心にご紹介し、治療データ有効活用の実現について共感いただきました。

展示会場1
展示会場2

今回いただきましたお客様の声を参考に、今後とも製品づくりに励んでまいります。
ご来場いただきました皆様、ありがとうございました。

 
大会名 第54回日本医学放射線学会秋季臨床大会
開催期間 2018年10月5日(金)〜 10月7日(日)
会場 福岡国際会議場

参加レポート

第54回日本医学放射線学会秋季臨床大会へ参加しました。

会場
看板

10月5日(金)〜10月7日(日)にかけて、福岡市にある福岡国際会議場にて開催されました。
台風25号の接近により雨風の強い日もありましたが、多くのお客様にご挨拶することが出来ました。

展示会場

ご来場いただきました皆様、ありがとうございました。

 
大会名 第34回日本診療放射線技師学術大会
開催期間 2018年9月21日(金)〜 9月23日(日)
会場 海峡メッセ下関

参加レポート

第34回日本診療放射線技師学術大会へ出展いたしました。

看板
会場

今年は山口県下関市の海峡メッセ下関を会場として、たくさんのお客様にお越しいただきました。
既存のお客様を含めた多くの方にご来場いただき、弊社では診断RISと被ばく線量管理機能についてご紹介いたしました。

展示会場

ランチョンセミナーでは、山口大学医学部附属病院の小池先生に座長をお願いし、国立がん研究センター中央病院の井原先生に 「「画像診断管理加算3」取得経験の報告〜当院における加算取得までの道のり〜」と題して、画像診断管理加算3の取得経験と今後の動向などについて ご講演いただきました。学会最終日の3日目でしたが200名を超えるお客様にご来場いただき、大盛況なセミナーとなりました。

セミナー会場1
セミナー会場2

ご来場いただきました皆様、ありがとうございました。

 
大会名 第69回日本消化器画像診断研究会
開催期間 2018年8月31日(金)〜 9月1日(土)
会場 石川県立音楽堂

参加レポート

第69回日本消化器画像診断研究会へ参加しました。

会場

金沢駅前の石川県立音楽堂を会場として、8月31日(金)から9月1日(土)の2日間に渡り開催されました。
生憎の空模様でしたが、既存のお客様を含めた先生方にご来場いただき、画像ビューアの最新機能についてご紹介いたしました。

展示会場1
展示会場2

弊社は、今後も学術大会を通じ多くのお客様へご紹介できるよう努めてまいります。
ご来場いただきました皆様、ありがとうございました。

 
大会名 第6回医療情報システム全国合同研究会
開催期間 2018年8月25日(土)
会場 青森県観光物産館 アスパム 6階 八甲田

参加レポート

第6回医療情報システム全国合同研究会へ参加しました。

心配されていた台風の影響も無く、青森県青森市にある青森県観光物産館アスパムを会場として8月25日(土)に開催されました。 会場周辺には青森の観光名所が集まっており、青函連絡船メモリアルシップ八甲田丸を見ることができました。

会場付近

弊社は診断RIS、治療RISをご紹介させていただきました。

展示会場

ご来場いただきました皆様、ありがとうございました。

 
大会名 第22回CTサミット
開催期間 2018年7月14日(土)
会場 北九州国際会議場

参加レポート

第22回CTサミットへ参加しました。

展示会場1

福岡県北九州市に位置する北九州国際会議場を会場として、7月14日(土)に開催されました。
弊社は診断RIS、治療RIS、検像システムをご紹介させていただき、多くのお客様にご挨拶することができました。

展示会場2

酷暑の中、ご来場いただきました皆様、ありがとうございました。

 
大会名 2018国際医用画像総合展
開催期間 2018年4月13日(金)〜 4月15日(日)
会場 パシフィコ横浜展示ホールA(一部),B,C,D

参加レポート

ITEM2018に出展いたしました。
今年は、「スピード・連携、その先の未来を見据えて」をテーマに、PACS、RIS、治療RISを展示いたしました。
PACSでは所見レポートの未読管理機能を強化し、医療安全への取り組みをご紹介いたしました。ShadeQuest/ViewR-DGがエルピクセル株式会社のAIを利用した画像解析用ソフトウェアと連携し、 脳動脈瘤の自動検出を参考出品いたしました。治療RISでは、2017年のJASTROで紹介した治療プロトコル機能を更新し、より簡単に登録できる機能を紹介いたしました。 また医用コンテンツ管理システムShadeQuest/bookでは、関東労災病院様の事例として、症例とそれに伴うキー画像の整備や研修医向けティーチングファイルの活用など、診療放射線技師が日々の業務で利用しているコンテンツを紹介いたしました。

展示会場1
展示会場2

14日(土)に開催しましたランチョンセミナーでは、神戸大学 理事 副学長の杉村和朗先生の司会で、国立がん研究センター中央病院の三宅基隆先生より「「40,000タグ貯めてみた」タグ付け画像の利活用法 〜人工知能は欲しがるか?〜」 と題してご講演をいただきました。日々の読影業務でいかに簡単に症例画像登録できるか、また類似症例を簡単に検索できるかを、デモ機を使い紹介いただきました。定員を上回る先生方にお越しいただき、実際に使ってみたいとの感想を頂くなど 大変盛況なセミナーとなりました。

セミナー

今回ご来場いただいた多くのお客様からいただきました声を真摯に受け止め、今後もより良い製品開発、サービスを提供し医療安全や医療の質の向上に努めてまいります。

ご来場ありがとうございました。