医療システムの横河医療ソリューションズ > 製品情報 > フィルムレス PACS

  • :横河医療ソリューションズの特長は何ですか?
  • :営業・開発・エンジニア・サービスが集結した組織力を活かし、どのような局面においても... 続きを読む
  • :PACSの構築にはどれくらい時間がかかりますか?
  • :ご契約内容にもよりますが... 続きを読む

製品に関するお問い合わせ、資料請求、またはお困りの事が ございましたらお気軽にお問い合わせください。

山口大学医学部附属病院
山口大学医学部附属病院

院内の様々な情報を統合参照できる医療情報マネジメントシステムを構築

神戸低侵襲がん医療センター
神戸低侵襲がん医療センター

放射線治療・化学療法に特化した医療機関を支える横河のソリューション

フィルムレス PACS-ShadeQuest ロゴ

ShadeQuest(画像情報統合システム)は、病院様が求める「安心・安全な医療」「患者様のための医療」の実現を支援することを目指した、フィルムレス運用に最適なPACSです。

ShadeQuestは、画像保管、画像表示、レポート作成などそれぞれのシステムコンポーネントを高度に結合・連携することにより、快適なスピード、優れた操作性、そして最適な情報管理環境を実現するとともに、お客様のご要望にあったフィルムレス PACSをご提供します。

画像情報統合サーバ ShadeQuest/Serv

フィルムレス PACS-ShadeQuest/Servフィルムレス PACSを構成する際に中核となる画像サーバには、画像を安全に保存・管理し、画像ビューアに高速に配信することが求められます。画像情報統合サーバShadeQuest/Servは、高い信頼性と高速アクセス、大容量のデータ管理など、フィルムレス PACSに必要な機能を装備し、大切な患者様の画像を長期間にわたり確実に管理するとともに安定した稼動をお約束します。画像発生量の変化に応じた拡張も可能ですので、病院様の運用に合わせた最適なシステムが構築できます。
また、弊社部門システム(所見レポート、RIS、治療RIS)との密な情報連携により、患者様の検査予定や過去検査を時系列にマトリックス表示できる患者ポータル機能を標準装備しています。

画像診断ワークステーション ShadeQuest/ViewR-DG

フィルムレス PACS-読影用画像ビューア ShadeQuest/DIAG

画像診断ワークステーションShadeQuest/ViewR-DGは、読影医にとっていかにストレスなく効率的に読影できるかを考え、視認性・操作性にこだわったYOKOGAWAが自信を持ってご提案する画像ビューアです。ユーザ単位でお好みの操作方法が選択できるほか、多量化する画像を画像表示エリアにレイアウトする手間を省く“多彩なレイアウト機能“、YOKOGAWA独自通信による“高速画像表示機能”、高度化する撮像方法に対応した“豊富な専門機能”が、読影業務の効率化を促進します。 ShadeQuest/ViewR-DGは、多くの読影医の声を集約しながら常に進化し続けています。

画像診断ワークステーションShadeQuest/ViewR-DGは横河医療ソリューション株式会社の製品です。
医療機器認証番号 227ADBZX00107000

所見レポート作成システム ShadeQuest/Report

フィルムレス PACS-ShadeQuest/Report

レポートシステムは、画像ビューアと同等もしくはそれ以上に “使い勝手の良さ”が重要です。所見レポート作成システムShadeQuest/Reportは、端末環境や表示解像度を選ばない画面デザイン、操作時の視線の動きを最小限におさえるよう配慮したレイアウト、簡便な入力支援ツール、画像ビューアとのシームレスな連携など、視認性や操作性の細部にまでこだわったシステムです。メール機能やブックマーク機能など多彩なユーティリティ機能を揃え、快適な所見レポートの作成から研究・教育用のデータの二次利用まで読影業務を全面的に支援します。

ゼロフットプリント画像ビューア ShadeQuest/ViewAir

フィルムレス PACS-ShadeQuest/ViewAir

ゼロフットプリント画像ビューアShadeQuest/ViewAirは、多様化する画像参照環境のニーズにお応えする画像ビューアです。病室での患者様への説明、カンファレンス時、そして外出先などでモバイルデバイスを使って、いつでも、どこからでも2D、簡易3D、MPR画像を高速に表示することを可能にしました。さらに、ShadeQuest/ViewRとの連携も行い、使い慣れた環境と直感的な操作性により画像展開を容易にしています。また、ゼロフットプリント方式の採用により、閲覧した画像や3D処理した画像をデバイス本体に残すことのない、高いセキュリティを確保しています。





PACSについて詳しくご覧になりたい方はこちらから
※こちらのページをご覧になるにはID・パスワードが必要です。