RIS/放射線部門業務システム

放射線部門業務システム

多くの構築経験から得た部門内の業務パターンを分析し、より現場に即した操作環境を実現、PACSとともにフィルムレス運用をRISが力強く支援します。(※)このホームページは医療関係者へ情報提供することを目的としたものです。一般の方への情報提供を目的としておりませんのでご了承ください。

 

放射線部門業務システム ShadeQuest/RIS

ShadeQuest/RIS
ShadeQuest/RISは、放射線部門における診療放射線技師の撮影業務支援はもちろん、放射線部門内のサブシステム(PACS・検像・レポート・治療RIS)とのシームレスな連携により部門内で発生する様々なイベント(進捗)情報を一元管理することで、業務の効率化を実現し、患者サービスに貢献するシステムです。
また、日常業務支援として撮影室・撮影装置単位での始業・終業点検支援機能(※1)や、各撮影装置の故障・定期点検管理機能を装備し、診療放射線技師の業務全般を支援します。
(※1)始業・終業点検項目は、JIRAが提唱するガイドラインに則って標準搭載しています。
 
DICOM通信(MWM,MPPS)により放射線部門業務システムとモダリティ間の情報連携を実現します。
モダリティでの情報登録の手間や誤入力の問題を回避し、作業効率の向上を図ります。
 
病院情報システム(電子カルテ・オーダリング)とのHIS‐RIS連携においては、国内主要ベンダとの接続実績が多数あり、オーダ情報、患者情報、実績情報、進捗情報などを確実に連携することで、安定した業務支援システムの構築をお約束します。
また、厚生労働省が保健医療分野の適切な情報化を進めることを目的に制定した「厚生労働省標準規格」でも推進されている「IHE-Jの統合プロファイル」を標準サポートしており、病院様の情報システムにおける標準化へ寄与します。

 

検像システム ShadeQuest/Kenzo

毎日の撮影で多忙を極める診療放射線技師にとって、適切な画像を必要とされる診療科へ簡単に素早く提供することが求められます。

ShadeQuest/Kenzoは、検査依頼内容に即した画像が取得できているか、画像の濃度・方向・並び順などは適切かなどを、直感的な操作で確認できる検像システムです。診療放射線技師が診療現場へ提供する画像品質の維持・担保を支援します。

                       ShadeQuest/Kenzo

 

本件に関する詳細などは下記よりお問い合わせください


お問い合わせ
トップ