ページ内を移動するためのリンクです。
グローバルナビゲーションへ
本文へ
サイト情報へ

横河マニュファクチャリング株式会社

GLOBAL TOP

CLOSE

jp-ymg

社長挨拶

当社は、2005年に発足して以来、YOKOGAWAグループにおける生産機能の中核を担うマザー工場として、社会インフラに関わる各種製品の生産を担い、常にお客様に対し高品質な製品を提供し続けてまいりました。

 

世界を取り巻く経営環境が大きく変わる現在、『常に新しいものづくりの価値を創造』することをビジョンに掲げ、市場の要求に対し柔軟に創造性を持って対応できる新たなものづくりを目指して挑戦しております。

 

マザー工場の役割として、対象エリア・拠点が拡大する中、YOKOGAWAグループ13ケ国21拠点4000人の生産現場を束ねるHeadquartersとしてグローバルに広がる生産機能を管理・監督・統制コントロールしています。

生産の目指す姿は、「One YOKOGAWA Manufacturing」をキーワードとし、グローバルでYOKOGAWAのものづくりを進化させいきます。

 

また、今まで培ってきた「もの売り」に加えて、我々の活動そのものに価値を見出し、生産領域から事業・開発・ソリューション領域へと拡大した「こと売り」をスタートさせ、お客様と生産現場を繋げ、現場発の生きたソリューション提供に向けた新たな取り組みにも挑戦していきます。

 

今後引き続き、“ものづくりは人づくり”をモットーに、人を大切に無限の知恵により人の成長が企業の発展に繋がり、YOKOGAWAのものづくりの進化には完成がないと信じ、全社員が日々改善意識を持って弛まぬ努力をしていきます。

さらに、YOKOGAWAのコーポレート・ブランド・スローガンである『Co-innova

ting tomorrow』の視点に立ち、皆様から信頼される企業であり続けることを約束します。

 

              代表取締役社長 戸松 浩