ページ内を移動するためのリンクです。
グローバルナビゲーションへ
本文へ
サイト情報へ

GLOBAL TOP

CLOSE



スコープコーダ/スコープコーダビークルエディション

DL850E/DL850EVシリーズ

概要

  インバータやECUなど電⼒・メカトロ開発に最適
  オシロスコープ+ データレコーダ≒ スコープコーダ

ヘッダー

スコープコーダは、ディジタルオシロスコープの使い勝手と多チャネルデータ収集するデータレコーダを融合した統合型計測器です。
スコープコーダ一台で、低電圧から1000Vまでの絶縁アナログ信号、ディジタル信号、エンコーダ信号、車載ネットワークのCAN/LIN/SENT通信信号、ひずみや温度などNVH信号を同時にデータ収録し、オシロスコープ感覚で操作、データ表示、分析ができます。

オシロスコープと異なり、1000Vまで入力可能な電圧入力は絶縁されており、安全かつ簡単接続により、インバータの高速スイッチング波形などを正確に測定できます。
20種類もの様々な入力モジュールが用意されており、お客様の測定ニーズに応じて柔軟にシステムを構成、拡張できます。


主な特長

  • 多彩なモジュールから、柔軟にデータシステム構成、拡張可能
  • 高速100MS/s、絶縁1000V電圧測定
  • CAN/LIN/SENT信号のトレンド表示(DL850EV)
  • 豊富なトリガーとリアルタイム演算機能、電力演算機能
  • 最大2Gポイント測定可能な大容量メモリー
  • 内蔵/外付ハードディスクへの長時間連続データ記録
  • PC接続による連続計測を実現するアクイジションソフトウェア
  • 本体・モジュールとも安心の3年保証