ページ内を移動するためのリンクです。
グローバルナビゲーションへ
本文へ
サイト情報へ

横河計測株式会社

GLOBAL TOP

CLOSE


jp-ymi

オシロスコープ/スコープコーダ用

電流プローブ

使用上の注意

被測定電流と電流プローブの消費電流の関係

DL本体のプローブパワーを利用して電流プローブを使用される場合、電流プローブの合計消費電流がプローブパワーの最大出力電流を超えない範囲でご使用ください。
DL各機種におけるプローブの使用条件につきましては、下記に資料でご確認ください。

→ 電流プローブの使用本数制限についての資料 [PDF]


電流プローブ(701917, 701918)

701917

電流プローブ(701929, 701933)

701933

電流プローブ(701928, 701932)

701932

電流プローブ(701930)

701930

電流プローブ(701931)

701931

被測定電流の周波数と最大入力電流の関係(周波数によるディレーティング)

最大入力範囲は測定電流の周波数によって異なります。


電流プローブ(701917)

701917

電流プローブ(701918)

701918

電流プローブ(701929, 701933)

701933

電流プローブ(701928, 701932)

701932

電流プローブ(701930)

701930

電流プローブ(701931)

701931