資材調達の特色

パートナー(部品サプライヤー)からの部品動向やVE提案を積極的に受け入れ、開発や生産技術の関連部署に速やかに情報伝達し、日々の購買活動を製品ライフサイクル全般での改善に活かしています。
又、海外で加工した部品を購入するなど日々CD活動を実践しています。

 

トップ