横河マニュファクチャリング株式会社

環境担当役員からのご挨拶

~持続可能な社会の実現を目指して~

 横河マニュファクチャリング株式会社は、地球温暖化、環境汚染、オゾン層破壊などの地球環境問題や、温室効果ガスの排出量削減、環境汚染物質の規制など高まる社会的要求事項に対応するため、地球環境保全を経営における重要な課題と位置づけ、「21世紀の地球環境保全や資源循環型社会をはじめとする、豊かな人間社会の実現に貢献する」 ことを目指し、事業活動を行なっています。

私たちは、環境経営を推進する上で、環境マネジメントシステムを確立し、省エネルギー、環境汚染の予防、廃棄物削減など積極的な環境負荷低減に取り組んでいます。
なかでも省エネルギー活動においては、全社共通の取組みである生産ラインの継続的な改善をはじめ、駒ケ根事業所では空調の排熱を熱交換し、生産用の超純水製造に活用しています。一方、甲府事業所では、エネルギー情報と生産情報を統合して、生産工程上での省エネルギーを支援する横河電機製品の「EnerizeE3」を導入するなど、エネルギーを効率運用し、温室効果ガス削減に注力しています。

今後も企業責任を果たし、環境保全活動に取り組んでまいります。私どもの取り組み姿勢をご理解賜るとともに、忌憚のないご意見、ご指摘をいただければ幸いでございます。

横河マニュファクチャリング株式会社
環境担当役員  取締役   佐藤 克哉

 

 

トップ