健康経営の取り組み

「健康経営」

 横河マニュファクチャリング㈱は、YOKOGAWAグループの健康経営に関するグループ共通の基本方針の下で、社員の健康維持・増進の観点から健康に関する各種の取り組みを更に加速していくため、「健康宣言」を制定しました。

「健康宣言」
 心身の健康維持・増進に向けて社員を支援し、生き活きとした豊かで活力のある毎日を目指します。
 この基本方針に沿って、以下の活動を推進していきます。

 (1)働く人と組織の活性化を図り、“健康な人づくり”の実現に向けて取り組みます。
 (2)健康の維持・増進活動を強化し、社員一人ひとりの自律した健康管理を積極的に支援します。
 (3)生活習慣の改善、メンタルヘルスケアの充実を推進します。
 (4)働き方改革による業務の効率化と健康促進を図り、ワーク・ライフ・バランスの実現を目指します。

 今後、健康経営の推進体制を整え、定量的・定性的に評価して改善に取り組み、生産性の向上・社員のモチベーション向上・医療費削減等の実現を目指します。

「今後の取り組み」
 この「健康宣言」に基づき具体的な目標を策定し、新たなプログラムの実践と検証を行い、社員自らが健康意識改革を図るとともに、明るく健全な企業経営の向上を図っていきます。

2018年9月1日
代表取締役社長戸松 浩



*「健康経営」はNPO法人健康経営研究会の登録商標です。

「健康経営体制」

今後の取り組み

1.健康経営における社員の意識改革を実施し、健康経営優良法人(ホワイト500)を取得することによって当社の姿勢を社会に明確にします。
2.健康診断、ストレスチェックの結果より、有所見に対して今まで以上の対応改善に取り組みます。
3.生き活きプログラムによる健康促進
  ・心身の健康意識改革を行う為のニュースの発信、セミナーの実施、個人の “健康宣言”を実施します。
  ・生活習慣病予防に向けた活動として、日々の健康状態を把握するた、個人管理を推進し、個人目標達成に向けた活動を推進します。
  ・外部委託を含めたイベント・コミニュケーションを実施します。

生き活きプログラム

健康経営優良法人2019【大規模法人部門】ホワイト500に認定

当社は、経済産業省と日本健康会議が共同で進める「健康経営優良法人認定制度」において、優良な健康経営を実践している企業として「健康経営優良法人2019(ホワイト500)」 に認定されました。
当該制度は、健康経営の「見える化」により、「従業員の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に取り組んでいる法人が、専門機関の審査を受け認定されるものです。
当社では、社員の健康維持・増進に関する施策として、働き方・働き易い職場環境の整備・心身の健康サポートなどに取り組み、2018年9月には、健康経営の基本方針として「健康宣言」を制定いたしました。
今後、更に健康経営に向けて、定量的・定性的に評価して改善に取り組み、生産性の向上・社員のモチベーションアップ・医療費の削減などの実現を目指してまいります。

【参考】 健康経営優良法人認定制度について(経済産業省ホームページ)

 

トップ